【パニック障害】芸能人が陥りやすい病気

【パニック障害】芸能人が陥りやすい病気

HOME

芸能人が職業柄かかりやすい病気:パニック障害

パニック障害に悩む芸能人は多いようです。実はそれには原因がありました。パニック障害は脳内物質のバランスが崩れたことが一因と言われています。危機が迫った時に分泌されるのがノルアドレナリンという神経伝達物質です。パニック障害の人はこのノルアドレナリンの過剰分泌、もしくはレセプターの過敏が起きているという説。
また、ノルアドレナリンにより引き起こされる不安感が行き過ぎないように抑えるのがセロトニンです。このセロトニンの不足やレセプターが鈍くなっている説、逆にセロトニンの過剰という説もあります。
ではなぜ芸能人がこういった病気にかかりやすいのかというと、不規則な生活や始終人目を気にしながらの生活によって、過度なストレスがかかったことが原因なのです。芸能人という仕事柄、仕方がないのですが、病気にかかる人とかからない人といるのは、それは持って生まれたものもあるのかもしれません。そういう体質に耐え切れないストレスなどの環境因子が加わって発症してしまうのです。

芸能人に良く見られる病気パニック障害

芸能人とは一般の人よりも美しい容姿を持ち、多くの付き人を従え、多くのお金を稼ぎ、沢山のファンに熱い声援を送られ、それは毎日バラ色の人生を送っているかのように思われがちです。
しかしひとたび裏に入るとそれは過酷な生存競争が強いられる過酷な職場で労働が強いられているのです。芸能人同士の足の引っ張り合うは日常茶飯事であり、虎視眈々とスポットを浴びるポジションを多くの芸能人が狙っています。こうした生存競争に生き残っていくには、異常なまでに美を極め、過酷なダイエットを繰り返し、不眠不休で働きづめのことが多いのです。芸能人は決して華やかな職業でも、煌びやかな職業でもなく、まさにそれは幻想であり多くの人々に夢だけを与える職業なのです。過酷な職業、過度なストレスやプレッシャーがかかる職業ゆえにパニック障害やうつ病などの病気になる芸能人が多いのです。
パニック障害に陥ると、閉所恐怖や、頻脈、動悸、過呼吸、ふるえ、多汗などが見られ、とても人前に出られる状態ではありません。芸能人がこの病気にかかってしまうことは、最悪の場合芸能界の道を断念せざるを得ない時があるのです。

Copyright (C) 【パニック障害】芸能人が陥りやすい病気 All Rights Reserved.